学習教材・教具の開発

特別支援ICT研究会では,ICT活用による教育実践や,新たな学習教材・教具開発についてのアイデアを募り,共に知恵を出し合って,子ども達の自立と社会参画のための教育支援活動を実施しています。

「こんな教材・教具、アプリがあったら,便利だな。」

「今,こういう問題に直面しているんだけど,何とかならないかな」・・・等など,あなたが教育現場で直面している問題や思いついた素敵なアイデアについて,一緒に考えて,情報交換し合って,実践してみませんか?

特別支援ICT研究会に是非メールをお寄せください。

子ども達の自立と社会参画のために,共に教育支援していきましょう!


特別支援ICT研究会が考案した「デジタル連絡帳」は,日常的な子どもの生活情報を共有し,皆がチームとなって教育支援連携できる アプリケーション・システムです。 家庭・学校での子どもの様子は,スマホやPCを使って,文字・写真・動 画・音声・イラストでリアルタイムに,情報を共有できます。

また「デジタル連絡帳」に日々蓄積していく情報は一元 管理でき,データ化した情報は,いつでも情報活用できるシステムを備えています。
「デジタル連絡帳」によって,学校・家庭は自然につなが り,教育支援連携活動を強化し,子どもの日々の成長・発達,そして自立と社会参画に貢献することができますよ。あなたもすぐに,「デジタル連絡帳」を体験することができます。

「デジタル連絡帳アプリ」の体験は、

サイボウズkintone(キントーン)を検索

https://kintone-sol.cybozu.co.jp/apps/digitalnotebook.html

(QRコードからもOK)


!情報発信中!

「デジタル連絡帳アプリ」を利活用した教育支援連携をはじめ,特別支援教育に関わるエッセイを連載中。

https://www.manabinoba.com/tsurezure/author/_149/


「デジタル連絡帳」アプリを活用した教育支援連携の教育実践が書籍に掲載されています。

『よくわかる教職エクササイズ5特別支援教育』ミネルヴァ書房


 『知的障害特別支援学校のICTを活用した授業づくり』(ジアース教育新社)


文部科学大臣賞受賞!

 ICT夢コンテスト2015

(一般社団法人日本教育情報化振興会JAPET&CEC)

活動事例:「デジタル連絡帳」による家庭と特別支援学校の教育支援連携活動の実践 

「デジタル連絡帳」による教育支援連携活動が、ICT夢コンテスト2015(地域)文部科学大臣賞を受賞しました。


奨励賞受賞!

平成28年度(2016)

学習デジタル教材コンクール(公益社団法人学習ソフトウェア情報研究センター)テーマ:子ども達のコミュニケーション力を育てる「私が主人公」のデジタル教材

「デジタル連絡帳アプリ」が,子ども達のコミュニケーション力を育てるデジタル教材として奨励賞を受賞しました!